スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョの奇妙な冒険 1巻感想

※単行本を基準にして記事を書くと100を超えるので
※部ごと、文庫本でまとめることにします
※表紙は単行本の表紙を載せたいと思います
ジョジョの奇妙な冒険の感想です

改題前→ジョナサン・ジョースター その青春
改題後→ファントム・ブラッド

JK001aa.jpg
JK005a.jpg

2人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めた時。
1人は泥を見た。
1人は星を見た。
(フレデリック・ラングブリッジ『不滅の詩』)









【個人的評価】

ストーリー:★★★★☆
キャラ  :★★★★☆
画力   :★★★★☆
総合   :★★★★☆

25年前の漫画なんで、かなり絵が古臭いです それでいてクセがあるので読む人を選ぶとは思いますが
いざ読んでみると内容はかなり面白いかと思います
舞台がイギリスなので、外国の映画などが好きな人はかなり楽しめると思います
さて、ジョジョの奇妙な冒険のテーマは「人間賛歌」なわけですが、それって何ぞ? と思いますよね
まあ簡単に言えば人間の素晴らしさってことだと思いますが、そんなこと言われたって分かりませんよね
ファントムブラッドの副題だと直訳すると幻影の血統ですが、ますます分からない
改題前のジョナサン・ジョースターその青春を見れば、ある程度どんなものか想像ぐらいはできるんじゃあないでしょうか
作中で登場する敵ディオは吸血鬼です
人間を越えた敵に人間であるジョナサン・ジョースターが立ち向かうというのも一つの『人間賛歌』だと思います
話の進むテンポも良いので、読んでいてダレてこないのも才能の一つですね

JK034a.jpg
主人公ジョナサン・ジョースターは紳士を目指す身ですが、まあ立派だと思います
僕が生まれる前の作品なので、周りがどうなのか知らないんですが主人公が紳士の作品は見たことがないです
かといって「俺がみんなを守ってやるぜ!」みたいなキャラでもない
6割の作品の主人公は生意気なキャラが多いので、ある意味においてはかなり好感が持てるキャラなんじゃあないでしょうか?
それに対しディオは本当に嫌味な奴ですね 言い方を変えれば小物っぷりが半端ないです
ジョナサンと生き方が真逆で、力もディオの方が上ですが、ジョナサンへの虐め方が普通すぎる
後にディオがラスボスになりますが、ラスボスがするようなことじゃあないこともしますからね
まあ、彼らが少年ということも考えれば十分えげつないとは思いますが……
JK037a.jpg
なっ!何をするだァーーーーーッ!許さんッ!
ダニー(表紙に出てる犬)を蹴られたあまり、ショックでなまってしまったジョナサン
いや誰でも愛犬を蹴られたら怒るとは思いますが、……いや、なまるか?
これはジョジョの奇妙な冒険でもかなり有名なセリフですね
ちなみに文庫本だと修正されている もったいない
JK069a.jpg
ジョナサンの方見てやれよ!
呼ばれてんのに2名右方向向いてますが、それは……
まあ、この時のこいつらはディオに嘘吹き込まれてる状態だったので仕方ないかもしれませんね
JK083.jpg
JK085.jpg
そこにしびれる!あこがれるゥ!
これまたジョジョ内でもかなりの名台詞
しかし、こんなモブに名台詞……?
なんか納得いかないような、でも納得できるような……

少しネタバレになりますが、ファントムブラッド以降のジョジョの中で、ジョナサンの性格が一番良いってことが分かります
まあ、紳士目指してたり、考古学者などですからね
優しいとは違いますが、やはり他のジョジョと比べると、性格の良さはジョナサンが頭一つ抜けてます
とはいえ、あのコマ 隠れてパイプふかそうぜ!とあるように
根っからの善人ってわけでもないんですね
しかし、逆にいえばこのシーン以外の悪い所が何一つ見当たらないのでやはり彼が一番性格が良い
JK185.jpg
スピードワゴンくん!!
1~2部とまたいでそこそこ活躍するロバート・E・O・スピードワゴン
初期の頃はこんなチンピラっぽく描かれてたんですね
彼は「食屍鬼街(オウガーストリート)」のボスですが、根はやさしいんですね
しかし、いくらボスとはいえ、スピードワゴンの命令一つでこうげきをやめるところはすごいですね
あまりにも余裕がなければボスの命令なんか無視してまで強奪しにかかると思うんですけどね
そして、スピードワゴンが抜けたあとの「食屍鬼街(オウガーストリート)」の住人はどうなったのか?
リーダーが抜けて良くなったっていうのはあまりないですよね
じゃああやっぱり、今までどおりなのか? 謎です
あaJK156a
今回は1巻目ということで「食屍鬼街(オウガーストリート)」でのバトルや
ディオとの喧嘩ぐらいしか戦闘がありませんでした
吸血鬼ディオとの戦闘は巻をまたいで2巻ですかね
まあ、戦闘だけがこの漫画のすべてではないので何も言いませんが
やはり気になるのはこの濃い絵
原哲夫さんの「北斗の拳」みたいな濃い絵が特徴ですよね
恐らくですが、初見の人の大体が絵で読むのをやめてしまったと多いと思います
僕もアニメ化するまで読んでみようかなという気は起きませんでしたし
昔の雰囲気に合わせた漫画だからこその絵柄でしょう
しかし筋肉描写がスゴイ
今だからでもありますが、細いキャラが多い現代の漫画ばかり見ているとこういう筋肉キャラが新鮮に見えます
筋肉ブーム来襲しないかな

'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★ お気に入りの一ページ'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★

JK058aaaaaaaaaaaaaaaaa.jpg
ジョジョ屈指の名台詞
しかし匂いでわかるって、さすがですね
というか、こんなきたねぇ顔に見覚えないです……
こいつはくせぇッー! ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーーッ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ヴィンクルム

Author:ヴィンクルム
ハンドルネームは大体がヴィンクルム(瓶)かライチで通ってます。ペンネームは森茘枝です。気軽にライチで、どうぞ。
まったりしてってね( ´ ▽ ` )ノ

アクセス回数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。